泌尿器科・皮膚科・内科・腎臓内科・性病科 島崎クリニック

泌尿器科・皮膚科・内科・腎臓内科・性病科 島崎クリニック

TEL.088-833-3344

〒780-8010 高知市桟橋通2丁目12-5
土佐電鉄「桟橋通一丁目」電停前のクリニック

トップ < お知らせ一覧 < 巻き爪・陥入爪の治療は形状記憶合金を使用した矯正治療がおすすめです。

巻き爪・陥入爪の治療は形状記憶合金を使用した矯正治療がおすすめです。

陥入爪は細い靴、深爪、指の傷などが原因で爪の先端の角が周りの皮膚や肉にくい込んでしまう病気で、痛いため爪の角を切って深爪してしまうと、一時的に痛みは改善しますが、爪がなくなった部分の皮膚や肉は盛り上がるため、爪が再度のびるとさらにくい込んでしまい、悪循環に陥ります。周りの皮膚や肉に過剰な肉芽組織が増生したり、細菌感染を起こすと膿がでてくる場合もあります。また爪のくい込みが更ににひどくなると、巻き爪の状態になります。いままでは巻き爪、陥入爪の治療はコットンパッキング(爪の角に米粒大くらいの大きさに丸めた綿をつめ、症状の緩和をはかる。)や手術しかありませんでしたが、コットンパッキングは巻き爪には適応ではなく、手術は再発が多く、また爪の横幅が短くなり見栄えが悪くなるなどのデメリットがあります。形状記憶合金を用いた爪矯正治療は痛みはなく、確実に時間をかけて巻き爪・陥入爪を元の形に戻します。悩んでいる方は早めにご相談ください。